誰に何を言われようと幸せになれる服

先日、一枚のセーターを購入した。

黒地に金の毛糸で雲の柄を描いたセーターだったのだけど、可愛らしいモクモくした雲ではなくて、風神雷神が乗っていそうなぐるぐるとした迫力のある雲の柄。

私は一目見て気に入った。

その色や柄のインパクトに気圧されそうになりながら、迷いに迷って、セーターにしてはかなり奮発して、お店の周りをぐるぐるしながら覚悟を決めて、その一枚を手に入れた。

 

 

そういえば、

ここ何年もそういった買い物をしてこなかった。

洋服のことを考えるよりも、自分がどういう仕事をしたいかとか、どういう風に生きたいかを悩んでいたし、正直今も悩んでいる。

だから、あんまり洋服に気を回すことをしなくて、適当に目についたものを買っていた。

あとは、母親と買い物をすることが多かったから、母親がいいと思うものを買っていた。

 

でもそのほとんどの洋服を捨てたし、あー好きだ!と思えるものしか、長く着ていない。

どこかで見たことのある、流行っていたものを買うと、結局飽きてしまう。

安いものを買うと、一年と持たずに雑に扱う様になってしまう。

せっかくいい気持ちになりたくて新しい洋服を買ったのに、捨てるときはあっさりで、寂しい気持ちになったんだった。

自分に似合うものや、好きだ!という自己主張が強く持てなくなってて、それが嫌だと思っていた。

流行りを追うのは嫌だけれど、自分らしさって何かって言われると、それを表現するには少し足踏みしてしまう。

その足踏みを一歩出させてくれたのが、あのセーターだった。

実用的かというと、そうでもない。

リーズナブルでは決して無い。

でも、一目見て好きだと思った。

ひょっとすると大阪のおばちゃんとも捉えられかねない柄と色。

でもきっとずっと好きでいられると思った。

 

自分の周りに置いておくものは、そういうもので固めよう。

どうしてもそう言うものは値が張るから、全てを叶えることは難しいけれど、

優先順位をつけて、少しずつでもいいから妥協の爪痕を消して自分自身をリニューアルしていきたい。