起きていないことに思い悩んでも仕方ない

このタイトル

先日あるミーティングで出た一言なんですが、本当に的を得ていて、

それ以来何かを考える時に口癖にしている

 

フリーランスウェディングプランナーというのは、

日々違うお客様と、違う業者(カメラマンや司会者や会場)の人と連絡を取り合い、

あーだこーだいいながらウェディング本番迄物事を進めるのですが、

(その苦労話はここではおいておいて)

その業者さん達との話で出た会話の一部を紹介させて下さい

 

私と同じくあるフリーランスの方が、

『この先の支払いを考えると大きな一歩が踏み出せない』

そう言っていました。

 

気持ちはよーーーくわかります。

社会的な保証がほとんどないフリーランス

ましてや支払い先がいくつかあるとなると、滞らせるわけにはいかない。

だから、今これを大きく一歩やってしまっていいのか、迷うんだと。

 

迷った結果、チャンスを逃すこともある。

逆にその一歩が事業を拡大させるきっかけになるかもしれない。

でも、確信がなくて踏み出せない、と。

 

そこに同席していたある女性(海外で単身ビジネスを立ち上げたが結婚して今は主婦。打合せ時はビジネスのサポートという立場で同席されていました)が、

悩めるフリーランスの方に向けて放った内容を是非読んでほしいです。

 

『何を心配しているんですか。

 そんなのまだ起きもしていない未来です。

 支払いができなくなったらそのときはその時。

 中小企業なんてよくあることです。

 お金がなくなったら借りればいい。貸し合えば良い。

 今は未来のことを思い悩んでやめるのではなく、

 今のベストを選んで行ったらいいんです。

 

 日本人はよくあることだけど、

 今、ある仕事がノっていて、本当はこのままやり続けていたい。

 でも、1時間後に次のアポがある。出かけなくちゃいけない。

 約束の時間に間に合うように、準備をしなくちゃ!と、

 ノっていた仕事をやめてしまう。

 

 そんなの当たり前と思うかもしれないけど、

 もし、そのノっていた仕事を続けたいと思うならば、

 続けて良い成果を残した方がいいんです。

 もしかしたら約束していたクライアントとの仕事はなくなってしまうかもしれない。

 けれど、その仕事がなくなって空いた時間で、別の大きな仕事が入ってくるかもしれない。

 人生そんなものです。先のことはわからない。』

 

きっと、反論はたーーーくさん用意できるでしょう。

・その一つのアポだけじゃなく回り全ての信頼を失うんじゃないか?

・結局大きな仕事が入ってこなかったらどうする?

・お金が借りれなかったらどうする?

・そもそも間に合う様に仕事しろよ

・他の仕事も同じく遅れるんじゃないかと疑われるんじゃないか?

 その通りかもしれないし、

でも、そうじゃないかもしれない。

うまくいくかもしれない。

 

起こっていないことに思い悩んでも仕方ないんです。

だから、今やりたいこと、今つづけたいことを続けるほうがいいのです。

 

怠けるとかそういうことではなく、一生懸命目の前のことをやり続けるというのが正解なんだと思います。

その一生懸命やる内容は、今、誰かに求められているものとは違うかもしれない。

それでもいいんです。自分がしたいなら、それを基準に何をやるか決めれば良い。

それはきっと違う何かにつながっていて、まだ見ぬ未来にきっと良い影響を及ぼしてくれているはず。

やりたくないことを優先して、目先の利益だけを追求しても、きっと想定できる範囲の未来しかやってこないのだと思う。

 

 

私は、私のやりたいことをやる。

人に迷惑をたくさんかけてしまっているけれど、ごめんなさいではなくて、

ありがとうとたくさん口に出して、一生懸命毎日を生きる。

 

起きていないことに思い悩んでも仕方ないから